イトグモ 

イトグモ Loxosceles rufescens (イトグモ科)

イトグモ科(Family Sicariidae)に属する体長10㎜程の種。薄暗い環境を好む地味なクモであるため認知度は高くないが、同じ科に属する北米産のドクイトグモL. reclusaは有毒種として有名。

f:id:sasaganiya:20170811010004p:plain

【イトグモ♀成体背面図 2017/8/11 つくば市

建物の玄関に敷かれたマット下より発見。腹部が著しく肥大しており、産卵前か摂食直後を思わせる。白っぽい網糸から構成される「ボロ網」を張っていることもある。

f:id:sasaganiya:20170811005855p:plain

【イトグモ♂成体背面図 2017/8/11 つくば市

上♀の隣にいた個体。♂は体に対して歩脚が長く、異様な風貌を持つ。

f:id:sasaganiya:20170630192602p:plain

【イトグモ♂成体背面図 2015/10/5 つくば市

倉庫の隅に放置された木板の下に隠れていた個体。古代生物のような味わい深さを覚える。

f:id:sasaganiya:20170630192716p:plain

【イトグモ♂成体前面図 2015/10/5 つくば市

上♂と同個体。特徴的な顔つきをしている。

f:id:sasaganiya:20170811005946p:plain

【イトグモ幼体背側面図 2017/8/11 つくば市

外階段下に溜まった落ち葉の隙間から走り出てきた個体。

f:id:sasaganiya:20170630192837p:plain

【イトグモ♂成体眼域(左)および触肢(右)2015/10/5採集個体 つくば市

タマゴグモ科同様、眼は6個。触肢は非常に単純な構造。

 

 

 

以下にはイトグモに対する生態学的興味を書きなぐる。

本種は人為的に分布を拡大させた種だと考えられており、建物周辺に多く棲息する。建物とはいっても、綺麗に清掃された屋内ではほとんど確認できない。むしろ、人通りが少なく砂ぼこりや落ち葉が溜まりがちな乾燥した環境、例えば木材の積まれた地下倉庫や外階段下にみられることが多い。地域によっては建物以外の環境においても確認されるようで、人工洞窟内の風雨の当たらない箇所に転がる岩くずの裏(小松, 2015)といった報告例がある。イトグモが、人工的環境の発達以前からこのような「風雨の当たらない乾燥した空間」に適応していたとすると、そこで獲得されたどのような形質が人工的環境への進出を後押ししたのだろうか。乾燥耐性や絶食耐性といった生理学的形質は特に重要だったと思われるが、他にも近年ドクイトグモで報告された「死骸食い」といった採餌様式(Sandidge, 2003)も注目に値する。もちろん、イトグモの人工的環境への進出とこれらの形質獲得の間にある時間的関係は不明であり、進出後急速に進化した形質も確認されるだろうと思う。

 

引用文献

小松貴 (2015). 香川県高松市女木島におけるイトグモの記録. KISHIDAIA 107: 12.

Sandidge JS (2003). Scavenging by brown recluse spiders. Nature 426: 30.